来春の開通に向けて(6月20日)

現在、河津町内では伊豆縦貫自動車道・下田河津Ⅱ期
工区の工事が進められています。
町内湯ヶ野温泉の天城側の仮称「河津インター」から
トンネルを通過し「逆川地区」までは令和4年度中に
開通の予定となっています。今日現地を見てきました。
写真は仮称「河津インター」予定地です。

トンネルは町内小鍋地区から逆川地区にかけて、長さが
1,884m、現道の国道414号線では15分かかるの
が開通すると2分で通過でき、大幅な時間短縮になりま
す。逆川地区はハーフインターになります。

昨年夏過ぎにトンネルは貫通し、内部仕上げ・舗装工事が
行われ、現在は通信設備・非常警報・防災設備・換気設備
照明設備・電力設備など設備関係の工事が進められていま
す。来春には開通の見込みです。
天城越えの工区については、ルートは決定しましたので、
環境アセスが終了次第、事業化になると思います。


城山城趾公園の頂上へ(2月13日)

毎年2月最終日曜日に河津町蔭山城跡、城山で祭りが
行われます。本日は頂上の整備に地域自治会の役員と
子供会の役員で向かいました。
城址公園の遊歩道の周辺は、今まで竹林が荒れ放題で
暗い道のりでしたが、現在整備が進んでいます。明る
く景観が変わりました。
(静岡県の森の力再生事業です。)

天気予報が悪いため、頂上に着くとすぐ作業に入りま
した。河津桜が咲き始めています。土俵は祭りの時、
子供会の児童達が相撲大会を行います。
(今年の祭りは縮小のため、役員代表のみ簡略行事に
 なります。)


城趾は蔭山城が攻め込まれ火を放たれた時、水が無い
ため米をかけ火を消そうとしました。今でも地面を掘
ると黒い焼き米が出てきます。
頂上の河津桜は1~2分咲き、今月下旬には見頃を迎
えます。

朝9時の河津桜観光交流館周辺の駐車場の状況は、天候
も悪く、コロナウイルスの影響もありこのような状況で
す。

土俵も完成、雨も降り始め整備も終了、下山しました。


河津バガテル公園で文化祭(11月13日)

河津町民文化祭の舞台部門が河津バガテル公園芝生
広場で行われました。

今日は風もほぼ無く暖かい日差しの中、フランス広場
は秋の色合いになり、ベンチでくつろぐ人達もおりま
した。

芝生広場では文化協会に所属する各部門の披露があり
ました。オカリナ、フラダンス、尺八、吹奏楽等です。
写真はジャズダンスの演技です。


バガテル公園では今秋から芝生広場の一部にドッグ
ランを設置しました。ペット同伴で入園の方どうぞ
ご利用下さい。公園内ではバラが続いて開花してお
ります。
※河津バガテル公園については、弊社HP「周辺情報」
 をご覧下さい。


伊豆縦貫自動車道河津町付近工事(5月20日)

先日、5月20日に仮称)河津IC(インターチェンジ)付近の
工事を見学させていただく機会がありました。順調に工事は
進んでいます。この写真は仮称)河津IC付近を上方(南側)
から撮った写真です。

この3枚は河津下田道路、1ヶ月前(4月12日)に
北側から撮影


インターからトンネルへ

下田方向に向かう仮称)河津トンネル(1884m)の小鍋地区側
入り口です。すでに逆川地区側から1,400m余り掘削済み
で、小鍋地区側から約200m掘削、残り260m位は8月
下旬には貫通出来る見込みとのことです。

トンネル内部の状況です。
令和4年度中にはこのトンネルを含み、仮称)河津IC~
仮称)逆川IC間(延長3.0Km)が開通の見通しと公表
されています。

仮称)河津インターチェンジ付近の完成イメージ写真
は下記の通りです。


南伊豆への玄関口:天城峠ルートを公開!(4月14日)

伊豆縦貫自動車道の工事が進んでいます。
南伊豆への玄関口、天城峠区間のルートが
3月に国土交通省から公開されました。
当初の計画図では、下記図の緑色で示した
幅1Kmのルート図でした。

既に水脈調査などによりワサビ沢や七滝に
影響を与えないよう迂回したルートの計画で、
伊豆市月ヶ瀬ICから浄蓮の滝付近を通り、
旧大川端キャンプ場跡地付近通過し、河津七滝
付近を迂回、仮称)河津ICまで約20Km
になります。

公表された詳細ルートは、説明によると
地形、地質等の自然条件、市街地の形態や現況の
土地利用、保全すべき自然環境、歴史的環境等の
社会的条件を踏まえて素案を作成したとのこと。

現在の天城トンネル手前(旧大川端キャンプ場跡地)
から、国道414号の南側に大きく迂回し、トンネル
部分が多く、河津七滝付近を林道に向かい最深部の
「煉瓦の洞遺跡」南側を通り、河津町大鍋地区を通過し、
河津ICに向かうルートです。


伊豆縦貫自動車道の工事状況(4月12日)

伊豆半島南部の河津町地域では伊豆縦貫自動車道の
工事が進んでいます。
仮称「河津IC」付近の状況です。高架橋がバランス
良く延長されていきます。

この河津ICからは下田方向に「河津下田道路Ⅱ期工事」
として延長1840mのトンネルも仮称「逆川IC」側から
約1400m掘削済みで、残り400m余りをこの河津IC
側から掘り進んでいます。

今年の秋口まで待たずに夏前後にはトンネルも貫通する
ことと思います。
河津町から伊豆市にかけての「天城峠区間ルート」の概要が
公表され、河津町民対象に先月国土交通省により説明会を
開いていただきました。明日内容を掲載いたします。


河津町姫宮通り:軽トラ市開催(12月8日)

恒例の『河津寄って 軽トラ市』が12月8日姫宮通りで開催されます。
今回は出店数が32台です。
会場は伊豆急河津駅から歩いて5分、お車ですと観光交流館周辺に大駐車場
がございます。(チラシ案内図をご覧ください)

また隣接のにぎわい広場では、河津町姉妹都市の長野県白馬村、商工会が
交流している長野県山形村商工会が信州の特産品の販売も行います。

人気のサービス店会、商品半額交換市も同時開催されます。地場産農産物、
ワサビ、果物、サザエ飯や磯のり、さんま寿司、干物、うなぎ弁当、
肉炒飯、餃子、パン各種、木工製品などなど歩行者天国を歩くと楽しい
発見があります。お誘いあわせのうえお越しください。


台風19号伊豆半島に上陸 (10月12日)

この度、台風19号の被害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます。
これから、通常の生活に戻られるまで大変なご苦労があると思います。
体調にはくれぐれもお気を付けください。
弊社でも9月9日の未明に通過した台風15号により、事務所に浸水
しました。

夜中の午前0時ころから浸水し始め、1時過ぎるころには床上20Cm
位になり、1時40分頃から水が引き始めました。浸水は昭和33年
(1958年)の狩野川台風以来、約60年振りのことでした。


今回の台風19号については、前日事務所入り口や住宅玄関は目張り、
ブルーシート、土嚢と対策を行い、台風に備えました。

事前に気象庁からの過去最大規模との情報があったので、12日は河津川
の峰大橋静岡県の水位計をネットで監視をしながら備えました。
平常時の峰大橋、水位の状態です。

12日10時34分及び16時36分の峰大橋付近。

午前10時半から水位が上がりはじめ、18時ころがピークでした。今回は
幸い河津川の水位も危険水位まで上がらず、事務所前も川になることもなく
被害もありませんでした。
12時30分及び18時16分の峰大橋の水位です。

しかし、下田市二丁目では大川端付近が下記写真の通り満潮と重なり被害が
出ていますし、12日18時半頃には、白浜海岸のセブンイレブンが火災の
情報も入りました。


第24回河津寄って軽トラ市 (9月29日)

昨日、弊社前の姫宮通りにおいて第24回軽トラ市が午前9時から12時
まで開催されました。

朝から曇り空で、前半は時折小雨が降る天候で、お客様の出足を心配
しましたが、今回はJA伊豆太陽さんのふれあい祭りが同時開催とい
うこともあり、多くの皆さんで賑わいました。

子供向けにアユのつかみ取りも行われていました。

軽トラ市は恒例の抽選会もあり、各出店者からの景品が当たります。

今回で24回目になりますが、次回の第25回は12月8日(日)に
開催されます。同時開催として、河津町のふれあい祭りに変わるイベ
ントも行われます。例年、年末の軽トラ市は出展者が増えますので、
多くの賑わいが期待できます。


家系図の調査について(6月20日)

今回は家系図の作成について紹介いたします。
弊社の前会長、宮崎文雄が逝去した折に、埼玉県所沢市の
丸山行政書士事務所に家系図の作成をお願いし、納入して
頂き、大変満足できる内容でした。

そこで弊社の顧客の「O氏」に紹介しました。O氏も家系が
江戸時代から続いていることから丸山行政書士事務所に依頼
して調査が続いていること、本日丸山先生が来町することで
電話を頂き、一部立ち会わせていただきました。
(菩提寺でのお墓の調査)

特に古い墓標に刻まれた文字が、調査には有効な資料になる
と言われました。

今回は、弊社社長の実家の岩谷家の菩提寺も同じことから、
先生にお墓を下見していただき、秋に家系図の依頼をすること
にしました。

紹介しました丸山先生は家系調査の専門家として、NHK他の
テレビ出演や毎日新聞、日経新聞などに掲載されてきました。
また新宿歴史博物館で講師を務めるなど、信頼のおける経験の
深い先生です。