サイエンスフェスティバルin河津(9月7日)

昨日、河津町の小学生5、6年生全員、120名を対象に
理科実験のイベントが開かれました。

全員写真

全員写真

このイベントは一般社団法人ディレクトホース(DIRECT FORCE会員数600人)
の理科実験グループの人達25人が河津町を訪れ開いてくれました。
技術系の元経営者、大手企業の元役員など人生の経験の中で得た知識を使い
子供たちに特別授業を行いました。河津出身の萩原様、代表の神永様から挨拶が
ありました。
dscf6187

神永様

 

続いて横山教育長から挨拶があり、飛行機、光の花、香りの粒、
風力発電の4つのグループに分かれ実験を行いました。
dscf6195
dscf6232dscf6235

子供たちは興味深く、目を輝かせて実験行う姿が印象的でした。
理科離れが進んでいる現在、このような実験をきっかけに科学に
興味を持ち、今後の人生のきっかけになるような子供たちが、一人でも
多く増えることを期待したいと思います。
dscf6207
dscf6210

dscf6223
dscf6242

dscf6246
dscf6237

dscf6243
dscf6218

dscf6219


河津町で静岡県ほたるサミット開催!!6月19日

19日、日曜日に河津バガテル公園にて、『静岡県ほたるサミット河津大会』
が開かれました。
ホタルの保護と研究、環境保全、ホタルを地域資源とした観光活性化を図る
目的です。
DSCF5810

パネルディスカッションでは河津町長 相馬宏行氏、沼津市長 栗原裕康氏、
伊豆の国市長 小野登志子氏、伊豆市長 菊池 豊氏、小山町長 込山正秀氏、
の5人のパネラーにより、「大地に生きるホタルと伊豆半島」をテーマに意見
交換がありました。
IMG_4505

河津町では町内でホタルの見える地区がありますが、特に筏場地区では今月4日(土)、
11日(土)、18日(土)にホタル祭りを開催しておりました。
まだ今月いっぱい鑑賞できます。
IMG_4503

詳しくは、河津町観光協会まで 0558-32-0290


昭和の河津町(吉永小百合さん、三国連太郎さん‥‥)

古いアルバムを整理中に昭和の時代の珍しい写真が出てきました。
昭和23年三国連太郎さんは弊社創業者の宮崎文雄と同じ伊豆の職場、
関東配電(株)〔後の東京電力㈱〕で働いておりました。仕事は現在の
東伊豆町白田川水力発電所から稲取温泉に送電線を敷設する仕事だった
と聞いております。写真は事業所前にて、二列目左から2番目が三国
さん、4番目が宮崎です。
東京電力稲取昭和23年

昭和40年11月12日伊豆の踊り子の舞台となった河津町湯ケ野温泉、
「福田家旅館」の隣で『伊豆の踊り子文学碑』の除幕式が行われました。
式典にはノーベル賞作家の川端康成先生、女優の吉永小百合さんが参列
されました。
伊豆の踊子文学碑除幕式1
伊豆の踊子文学碑除幕式2

吉永小百合さんは昭和38年製作「伊豆の踊り子」の4度目の作品で
高橋英樹さんと共演されています。文学碑が除幕、初披露されました。
伊豆の踊子文学碑
伊豆の踊子文学碑除幕式3

昭和29年には力道山の活躍によりプロレスが大人気でした。
弊社では店頭にテレビを設置しましたが、当時では各家庭にテレビが無かった
為、夜になると人気番組を見るために多くの人達が集まってきました。通称「
街頭テレビ」と言われていました。
昭和の河津町 007
昭和の河津町 008

この写真は伊豆急行線が昭和36年12月、伊東駅から伊豆急下田駅まで
開通しましたが、「第二の黒船」と騒がれた開通直後の『河津駅周辺』です。
駅後方の河津町立南小学校の近くが弊社です。
河津駅(S37)

昭和53年1月13日には伊豆大島近海地震により、河津町内でも見高入谷
地区で地滑りにより7名、梨本地区を走行中のバスが崖崩れにより3名の尊
い命が失われました。
写真は弊社の被害状況です。
S53.1.14伊豆大島近海地震3
S53.1.14伊豆大島近海地震2

当時の弊社社員は東京電力を応援する為、被災地の救助の為の仮設電気、
停電した需要家様の絶縁調査、復旧の為の再送電、引込線断線の復旧工事、
改修工事等々、あるいは消防団活動による救助活動等、目まぐるしい時期
を過ごしたのを思い出します。写真は弊社店内と南小学校グランドを自衛
隊の臨時へリポートとして使用した状況です。
S53.1.14伊豆大島近海地震4
S53.1伊豆大島近海地震5


伊豆・河津町に移住お試し体験施設がオープンします。

3月19日、河津桜発祥の地、静岡県伊豆半島の河津町に移住
お試し体験施設「なごみの里、かわづ」のオープニングセレ
モニーが開催されました。伊豆急行 河津駅から700m、
観光交流館、コンビニもすぐそばの便利な場所です。
相馬宏行町長のあいさつです。
IMG_4060
IMG_4063

つづいて来賓として静岡県くらし・環境部、部長の池谷 廣様
と河津町議会議長、土屋粂太郎様からご挨拶がありました。
IMG_4065
IMG_4066
IMG_4069

テープカットも行われました。4月1日オープンですが、運営は
「NPO伊豆田舎暮らし夢支援センター」が行います。
お問い合わせは、NPO伊豆田舎暮らし夢支援センター  0558-32-2307
河津町役場:まちづくり推進課     0558-34-1924
IMG_4073
IMG_4072

いきなり移住するのは不安だから、ちょっとその土地で生活して
みたい、という人たちに利用していただく施設です。
内部写真は1階リビング、2階和室A(8帖)、和室B(8帖)です。
IMG_0373
IMG_0377
IMG_0378

河津町では子育て支援を積極的に行っています。また町内全域に
光ファイバー網が整備されており、起業家のみなさんにも環境の
良い場所で子育てをしながら、常に心をリフレッシュして仕事が
出来る絶好の場所だと思います。海に近く海産物も豊富で、花と
温泉あふれる町。アユ釣りの出来る清流河津川、天城七滝、わさ
びグルメもある自然がコンパクトにまとまった町です。


2016年河津城跡公園と子供相撲(2月28日)

河津駅近くから、城山ハイキングコースを約20~25分上ると、
標高181mの河津城跡公園に上ることが出来ます。
昨日、2月28日(日)には大日如来が祀られている頂上で、地域の
人達で投げ餅や子供相撲が行われました。(毎年2月最終日曜日に
行われる)
多くの観光客の皆様も展望台からの景観を楽しんでおりました。
IMG_3935
IMG_3924

河津城は足利氏の血を引く蔭山勘解由(かげやま かげゆ)が城主で、
1,491年北条早雲が伊豆攻略の一環として攻めてきて火攻めに
あい、消し止める水が無く代わりに大量の兵糧米を使い、火を消そ
うとしたが落城してしまった。
その為、今でも地中から黒い焼き米が出てきます。
DSCF5600

展望台からは河津の町並みが一望できます。
河津川河口付近や川沿い峰温泉から上流側もまだまだ河津桜も見頃で
あと1週間は十分楽しめる状態です。
DSCF5589
IMG_3946

地元笹原区の役員さん達が御神酒やお供えなどを祀り、投げ餅の準備を
行います。頂上には米庫のレプリカがあります。
IMG_3927
IMG_3933

頂上では登ってこられた観光客の皆さんにもお神酒や団子が振る舞われ
ました。その後は毎年恒例の子供達による相撲大会です。
DSCF5595
IMG_3938

男の子だけでなく女の子も相撲を取りました。
IMG_3941

最後は観光客の皆さんも参加して投げ餅が行われました。穏やかな暖かい
気候でしたので、皆さんゆっくり過ごし帰途につきました。
IMG_3942


2016年河津桜まつり もうすぐ!今日の河津川沿い(2月7日)

いよいよ「河津桜まつり」まで、あと3日!河津桜発祥の地、河津町内では
各所で河津桜が咲き始めています。
河津桜原木の今朝の状態は、3分咲きを過ぎ4分咲きに近づいています。
DSCF5384
DSCF5386

河津川河口付近(浜橋付近)では2分咲きになってきました。
上流側に目を向けますと、
DSCF5352
DSCF5353

橋のたもとには、川沿いの遊歩道(トリムコース)の距離を示す看板があります。
DSCF5355

浜11号の桜の木から、上流側、下流側の桜の状況です。
DSCF5356
DSCF5350

この付近では、多くのメジロが蜜を吸いに花に寄っていました。
DSCF5358

河津駅の近くの館(やかた)橋付近が開花が早く、3分咲きの状況です。
DSCF5370
DSCF5342

一昨日以降、多方面から河津桜を見に訪れるお客様が徐々に増えてきました。
館橋付近の咲き具合です。
DSCF5369
DSCF5340

河津中学より上流部の来宮橋から豊泉橋にかけてはまだまだ1分咲き状態です。
DSCF5377
DSCF5379

毎年写真の撮影スポットになる峰温泉近くの豊泉橋から上流側は蕾がほころび始め
1分咲きに手が届くかどうか、の状態です。
DSCF5381
DSCF5382

他に町内では、河津駅前通り郵便局前の11番駐車場(元河津南中学校跡地)の桜が
2分から3分咲きとなっています。
DSCF5333
DSCF5332DSCF5330

河津桜観光交流館の近くの菜の花畑も一面咲き誇り、桜まつりの準備が出来ています。
DSCF5395
DSCF5394

同じく近くには、安心して地場産品をお買い物出来る河津町商工会賛助店の
準備も出来ています。昨年より10日開花が早くなっておりますので、早めに
河津町にお越しください。カーネーション見本園でも多品種大きい花のカー
ネーションを見学できます。
DSCF5392
DSCF5390


2016年 河津桜開花情報 (1月17日)

今年も河津桜発祥の地、河津町において2月10日(水)から3月10日まで、
恒例の「河津桜まつり」が開かれます。
第1回の開花情報を発信します。昨年暮れから1月上旬まで異常に暖かい日が
続いた為、一部では例年より3週間程早く開花が始まりました。

IMG_3364

河津桜原木ではちらほら蕾も開き始めですが、ここ数日寒気がやってまいり
ましたので、まだまだ蕾も固い状況です。(17日夕方の状況です)
IMG_3351

IMG_3356

IMG_3354

毎年早く咲き揃う田中地区共同浴場前は、昨年からの暖かさで花が開くと共に
葉も出てしまうやや異常な状態です。
IMG_3345

IMG_3343

今年は心無い方により、河津川沿いの桜の枝が一部折られる事件がありました。
河津桜は河津町民皆様により、長い間守られ育ててきた大事な、大事な宝です。
訪れる皆様にも桜の花の状況が良い状態で感動していただきたいと思います。
皆様の御協力をお願いします。

IMG_3347

河津駅前線路沿いの状況です。まだまだ固い蕾の状態です。
IMG_3359

IMG_3360

河津川下流部が比較的早めに開花し始めましたが、成人式の頃から気温が下がり
始め、今日から寒気がやってくることで蕾もまた固く閉じると思います。
やかた橋下流、 浜NO.30付近です。
IMG_3386

IMG_3374

IMG_3371

IMG_3381

浜NO.31号です。
IMG_3368

IMG_3369

IMG_3365


全国軽トラ市inしんしろ(愛知県)行ってきました!

全国軽トラ市サミットが河津町商工会と姉妹商工会のある愛知県新城市
で開かれ行ってきました。
IMG_2486

11月21日(土)シンポジウム、22日(日)軽トラ市が行われ、初日のシンポジウムでは、
お忙しいなか鈴木自動車の鈴木修会長がパネラーとして出席していただきました。
新城商工会、本多会長の挨拶です。パネラーは鈴木修会長、穂積亮次新城市長、森一洋
しんしろ軽トラ市ワーキングリーダー。
IMG_2410
IMG_2414
DSCF5129

22日河津町ブースで参加しました。河津町ブース(左隣り宮崎県川南町)です。
「あんバタわさこ」、「あじの干物、きんめ鯛の干物」、「わさび漬け」、
海産物など販売しました。出店準備完了。
IMG_2437
IMG_2453
IMG_2440

参加の各軽トラは、入場するとすぐ準備に取り掛かりました。
IMG_2442
IMG_2444
IMG_2448

9時のスタート時間には多くの人達が訪れました。
IMG_2454
IMG_2455

河津町ブースでも多くの人で賑わい、干物、あんばたわさこ、わさび漬け、が人気で
特に多く持ち込んだあんばたわさこは25分で完売しました。
IMG_2457
IMG_2458

一段落して、通りを歩きましたが、どこを見ても人、人、人で溢れ全国軽トラ市
ということもあり、12時くらいまでは歩く隙間も無いほどでした。
IMG_2473
IMG_2470
IMG_2462

骨盤調整、木彫りの駒などユニークな出店者もありました。
IMG_2475
IMG_2479
IMG_2480
IMG_2477

軽トラ市用モデルカーも。
IMG_2472

大人気の「こんちゃん豆腐」、行列が出来ていました。
IMG_2466

最後に次回開催地、日本三大軽トラ市の一つ、宮崎県川南町「トロントロン軽トラ市」
のメンバーの方たち、静岡県掛川市の軽トラ市のメンバーの方と記念写真です。
川南町商工会 宮崎吉敏会長来年よろしくお願いします。
IMG_2514


お万の方の駕籠がある乗安寺本堂改築完成!!

伊豆半島、河津町の乗安寺・本堂改築工事が完了しました。
DSCF5093
IMG_2286

電気工事、空調(換気・エアコン)工事を弊社で施工させていただきました。
工事部の山本 平君が担当しました。
IMG_2212
IMG_2213

改築前の本堂(285年前に建築)
IMG_1087

徳川家康の側室、お万の方が愛用された駕籠が、ここ日蓮宗 乗安寺に保管
されています。写真は新たに展示された「お万の方、愛用の駕籠と担ぎ棒」、
IMG_2279
IMG_2282

諸説ありますが、当方で調べた文献によりますと、
お万の方は天正3年(1575年)、上総勝浦城(千葉県勝浦市)の城主正木時忠の
五男頼忠を実父に、北条氏隆の娘である智光院を母に、小田原に生まれている。
その後すぐ、時忠が亡くなり、頼忠が後を継ぐため妻子を残し勝浦城に戻った。
智光院は伊豆河津郷に移り、北条家臣の河津城主の蔭山長門守氏広と再婚、お万
の方はこの養父蔭山氏広に育てられている。天正18年(1590年)豊臣秀吉の
小田原征伐により北条氏が滅び、その後慶長3年(1598年)父である氏広が死去、
この頃から深く仏門に帰依し、日蓮宗、身延山の上人を信ずるようになる。
その後徳川家康の側室となった。
DSCF5092
DSCF5091

慶長13年(1608年)常学院日経上人と他の宗派の宗教的論争について、幕府の無法な
裁きに身延山二十二世日遠上人が駿府の家康に訴えたが、家康は日遠上人も罪ありとして
安部川の川原で処刑を命じた。これを聞いたお万の方が必死に家康に命乞いをしたので、
家康は寸前のところで処刑を止めた。赦免後お万の方様は、途中襲われないよう日遠上人
を愛用の女性用の駕籠に乗せてひそかに河津に移して、しばらくの間かくまった・・・・・
といわれています。

改築については、乗安寺檀家の皆さまの長年の懸案でした。
5月10日には取り壊し前の、お祓いの儀式が行われました。
DSCF4654
IMG_1097
IMG_1099

内部の状況です。
IMG_1101

取り壊し、整地が済み6月16日には工事の安全祈願をし、起工式が行われました。
IMG_1345

8月8日上棟式が工事関係者、檀家総代佐藤様以下役員出席の上、執り行われました。
IMG_1665
IMG_1666
IMG_1661

※追記・・・11月12日落慶法要及びお会式が行われました。
IMG_2348
IMG_2345

須弥壇、
IMG_2357
IMG_2359

お万の方、愛用の駕籠(内部照明を設置)と担ぎ棒
IMG_2355
IMG_2353


姫宮神社祭典が開かれました。

10月17日(土)、18日(日)の2日間、姫宮神社の祭典が
執り行われました。初日、宮司さんによる神事がありました。
DSCF5057

そのあと子供会の皆さんが集合し、
DSCF5056

神楽の雄雌が、出発しました。
DSCF5058DSCF5061

入り口のテントでは、神社の世話人会による「お汁粉」、「甘酒」の無料サービスが
ふるまわれていました。
DSCF5062

壮年会による売店(ポップコーン,ポテトフライ,焼き鳥)の開店前です。
IMG_2175
ヨーヨーや当てくじなども、売店として出店していました。
IMG_2177
IMG_2178

夜店になり、皆さんの御協力がありました。
IMG_2182
IMG_2183

受付の脇の状況です。
IMG_2186

18日朝は、子供会が集合して、まず全体写真を撮り、子供神輿が出発しました。
IMG_2192
IMG_2194
IMG_2196