桜キッチンが本日オープン!(11月15日)

かわづ桜発祥の地、河津町河津桜観光交流館の2階に『桜キッチン』が
本日リニューアルオープンいたしました。

外階段を上がりますと、入り口に下記のロゴマークのシールが目に入ります。
営業時間は午前11時から午後4時までとなっております。

メニューは今まで人気NO1だった「アジフライ定食」をはじめ、「あじ干物
定食」、「わさび丼」などに加え、柔らかい肉質と脂身まで美味しいと評判の
ふじのくに熱川ポークランチメニューを新たに始めました。
(定食ごはんはおかわり自由)

ドリンクバーも用意されております。ランチとセットですとランチドリンクバー
がプラス100円、ケーキとセットにすると、日替わりケーキセットが400円
でした。

そば・うどんのメニューもあります。河津来宮神社、カーネーション見本園、
観光交流館館等近くにおみえの際はどうぞご利用ください。


昨日は『オルテンシア・ビヤガーデン』に(8月10日)

ビヤガーデンで夏の疲れ飛ばし!!
工事部で河津バガテル公園、フランス広場にある
『オルテンシア』に行ってきました。

正式な店の名称は『フルール&カフェ・オルテンシア』です。
オーナーはフラワーデザイナー界の新星プリンスといわれて
いる後藤清也氏。8月の金・土・日曜日の夜間ビアガーデン
(要予約 090-1091-1187)が行われています。まず乾杯から。

飲み放題、ワンプレート付で4,000円、店内は落ち着く
雰囲気でバッチリ盛り上がりました。

次は追加でカルパッチョと河津名産の生わさび付ステーキも

後半は夏野菜カレーや、生ビールやらハイボールやら、かなりいけてます!


河津町で自家焙煎珈琲はいかがですか(6月30日)

河津桜観光交流館の近くにオープンして約1年、自家焙煎珈琲
のお店を紹介します。

カフェアイラナ外観

店名は『カフェアイラナ』自家焙煎珈琲の店で、全国に珈琲豆の
発送もしております。店内は8席あり、店主の島村さんが立てて
くれたコーヒーをじっくり味わうのも良し、奥様久美子様のふわ
ふわしっとりのシフォンケーキも好評です。

平塚市にてカフェアイラナを経営されていたご夫妻は、かねてから
自然豊かな河津町への移住を希望され、昨年7月実現されました。
本日は好評のシフォンケーキを購入しながら、夏季限定メニューの
アイスカフェオレを注文しました。ミルクチョコレートの香りが
ほのかに香る美味しい味わいでした。

河津駅から駅前通りを天城方向に歩いても7分、河津文化の家(図書館)
過ぎれば右側にあります。

店主の島村さんは「伊豆パラダイス通信」の情報誌を出しており、
移住者として独特の感性で情報発信をしていただいております。

店内には、島村ご夫妻が伊豆半島を巡りお二人の足で積み上げた
各スポットの紹介記事が「伊豆パラダイス観光」として掲載されて
どなたでも閲覧できるようになっています。

訪れる方々が知りたい情報が的確に書かれております。よう、ご覧あれ。


富士芝桜と忍野八海(4月27日)

二つの富士と芝桜、

昨日は富士芝桜と忍野八海に行ってきました。只々インバウンドの
お客さんの多さに驚くばかり、芝桜まつり会場では約3割以上が中
国人をはじめとする東南アジアのお客さんでした。

開花時期としてはまだ早い、連休明け位が見頃の感じです。
忍野八海を訪れると、駐車場からまず腹を満たすということで
蕎麦の看板『名泉そば製麺所』で、食事している人が居たので
不思議に思いながら入った店、入ると「ここは食堂ではありま
せん」、なるほど製麺所。しかし、「蕎麦、うどんをお土産に
買うと蕎麦とうどんの試食が有ります」のシステム、早速買い物。
お土産(ミックス大、1,080円)と七味のからし(300円)

名泉そば製麺所、仲間でお土産を買い、蕎麦とうどんを試食!
美味しかった!!、皆さんにお勧めします。 (写真は店の3姉妹のお一人)

ほぼ中国の人達で9割位、日本語の
会話を耳にするのがまれで、日本にいる気がしない感覚で
した。

富士山の湧水湧き出る池、水深は7m、水温は12.5℃の
説明書きでしたが、確かに池の底まで透明度が高く良く見
えます。

海抜の高い本栖湖からの富士山も静岡県側から見るのと違った壮大な姿。


地元漁師による食事処(3月1日)

本日は河津町谷津漁港にある地元漁師による食事処、
「河津茶屋」で昼食でした。

メニューの中から、「さざえ丼」と「漁師だしの豚すきやき定食」
を注文、おいしい出汁で最高!

河津茶屋へのアクセスは、河津川河口から国道135号線を下田方向へ
約700m、谷津漁港入り口を左へ入ります。そのまま進むと右側に
食事処があります。

メニューは以下の通り

港から河津浜海岸を望むと、蔭山城跡の城山が前方に見えます。


第3回全国ふるさと甲子園に参加(8月26日)

全国の行きたいまちNo1を決める『第3回全国ふるさと甲子園』
が8月26日秋葉原UDX2Fアキバ・スクエアで開かれました。
チラシ

全国の自治体、団体、55の地域が参加し、河津町でも『ワサビで
泣かせ隊』を中心としたチームで参加しました。わさびグルメの
あんバタわさこ、本ワサビ、泣きべそ餅を展示販売で準備完了、
IMG_0758本わさび
泣きべそ餅

河津ブースのチームも準備完了し、スタッフが勢揃い!
準備完了

会場オープンの10時前から長い行列が出来て、入場開始となると
多くのお客様が勢いよく入ってきました。たちまち会場内は熱い
熱気になりました。
入場開始
入場開始2
IMG_0769

他地域、河津ブース付近と多くの人達で通路もいっぱいで
自由に歩くこともできない状態が続きました。
IMG_0755IMG_0757
IMG_0753
河津ブース

ステージにあるスクリーンでは河津町の観光大使である『高橋東吾さん、
磯野貴理子さん』と『河津町相馬宏行町長』の写真と共に、磯野貴理子
さんから応援のメッセージが紹介されました。
IMG_0772
メッセージ紹介

このメッセージは河津町ブースでも紹介されていました。
ブースでメッセージ紹介

このイベントでは毎年、跡見学園女子大学の学生達が各ブースの
応援をしてくれていますが、今年も二人の女子学生に手伝ってい
ただきました。
跡見学園女子大学

河津町職員の土屋、加藤さんも『ビッグ泣きべそ餅』で
場内をPRです。
泣きべそ餅紹介

あんバタわさこは完売し、本わさびや初お目見えの泣きべそ餅も人気で
ワサビグルメも定着してきましたが、第1回大会で河津町は準グランプリ
を獲得したとはいえ、他地域も非常に熱心に取り組んでおられ、残念なが
ら入賞は逃しました。グランプリは広島県尾道市でした、おめでとうござ
います。最後に河津町スタッフで記念撮影でした。
unnamed


B級ご当地グルメ大集合!!河津桜観光交流館横(2月10日)

2月10日(金)、11日(土)、12日(日)の3日間、「B級ご当地グルメ
大集合!」のイベントが行われます。場所は静岡県伊豆、河津桜発祥の地、
河津町の河津桜観光交流館横です。多くの皆さんの御来場をお待ちしてお
ります。
IMG_6880
IMG_6878

会場では出店のグルメとして、キンメコロッケ、さんま寿司、金目鯛ホホ煮付たい焼きなど。
IMG_6872
IMG_6865

伊東温泉焼きそば、木枯れラーメン、他にも多数。
IMG_6873

ワサビで泣かせ隊メンバーと、わさび丼のおにぎり版、泣きめしです、
かつお節がたっぷりまぶされて、ワサビの風味とぴったり合います。
応援に駆けつけた俳優の前野朋哉さんも一緒です。
IMG_6869
IMG_6864

泣きめしと共に、ワサビの風味とちょっとツンとくる辛みのワサビ肉まん。
ワサビは身体に抗菌作用や消臭作用があることは知られています。
1.血栓症を予防する効果、2.殺菌、抗菌効果、3、消化を助ける効果と
食欲増進の効果、4.ツンとくる香りがくしゃみや鼻炎予防、5.強力な抗酸化力
による美肌効果、6.ワサビが肝臓の酵素に作用しデトックス効果、7.ワサビに
含まれるグルコシノレートが解毒機能を強化、発がん性物質を体外に排出、抗癌作用。
多くの効能があります。1日5g程度で良いそうなので、身体の為に摂取しましょう。
IMG_6867
IMG_6866


伊豆河津町:河津わさびと猪鍋を味わう (11月28日)

昨日は狩猟グループの人からお誘いを受け、猪鍋を
御馳走になりました。猪の肉は臭みも無く、お酒も
進みました。
img_6176

河津のワサビ生産者でもあるので、このワサビを擦り、
肉と一緒に口にすると、ワサビの香り、何とも言えな
い美味です。写真のように立派なワサビです。
img_6174img_6175

この肉は、27日に狩猟メンバーの方達が仕留めたばかり
の写真の大きい猪です。
img_6178

スペアリブもいただきました。こちらも最高!!
img_6182
img_6181


第2回全国ふるさと甲子園に参加しました。(8月27日)

昨日、8月27日(土)秋葉原UDX・アキバスクエアで《行きたいまち
No1決定戦!》が開かれました。特産品、ご当地グルメやロケ誘致、観光
PRで全国から55の地域が出場しました。
IMG_5156
DSCF6135

生わさびやわさび丼、あんバタわさこ、わさび丼セットなどが販売されました。
IMG_5119
IMG_5122

昨年は河津町が準グランプリを受賞、今年は知名度も有り多くの方々が
ブースに訪れていただきました。わさび丼やあんばたわさこも根強い人気
です
DSCF6149
わさび丼

午前中第一部では、河津町観光大使の『高橋東吾・磯野貴理子さんご夫妻』が
早速、我が河津町ブースに応援に来ていただき、スタッフメンバーは大変元気
を頂きました。
IMG_5138
IMG_5135

高橋東吾さんは、弊社宮崎専務と以前からのお付き合いで、ツーショットです。
DSCF6145

わさび丼では召し上がり方五箇条を念頭に、召し上がってください。跡見学園女子
大学の学生、白戸さん・外岡さんお二人、パネルアピールやら、ビラ配布やら一日
ご協力有難うございました。
IMG_5141
DSCF6146

河津町の地域おこし協力隊の水上璃沙さんも、伊豆の踊り子に扮してアピールして
くれました。
DSCF6152
DSCF6144

ふるさと甲子園の結果は、静岡県沼津市がグランプリ、準グランプリが愛知県
蒲郡市でした。沼津市はみかんどら焼きでアニメキャラの焼き印と聞きました。
河津町は残念ながら入賞はありませんでしたが、来場の皆さん有難う御座いました。


河津ワサビ沢で「大食い王決定戦」テレビ取材!

2月下旬に「河津桜まつり」会場でテレビ東京『元祖!
大食い王決定戦』の撮影がありましたが、この度同じ
河津町内でワサビ沢のテレビ取材に立ち合いました。
DSCF5632

ちょうどワサビの白い花が咲いている時期です。
天城からの清流も冷たく透明です。
DSCF5635
DSCF5633

番組製作会社のスタッフにより、打ち合わせから
撮影に入りました。
DSCF5639
DSCF5641

河津町では商工会が中心となってワサビを中心とした
グルメの開発が行われてきました。開発に携わった有志
で「河津わさびで泣かせ隊」が発足し、活動を行ってい
ます。河津七滝地区では七滝観光センター内に泣かせ隊
食堂を運営しています。
DSCF5710
DSCF5711

今回のテレビ取材では、地元のワサビ生産者の大塩利雄
さんが協力しています。
DSCF5640
DSCF5661

今回のテレビ東京『元祖!大食い王決定戦』は4月3日
18:30~22:03に放映の予定と聞いています。
DSCF5662
S0045655

わさびグルメとして、わさび丼のおにぎり版「泣きめし」、
練りあんとバターに生わさびのコラボをパンで挟んだ、
新感覚の味「あんバタわさこ」、鮎のだし入り醤油と
うま味たっぷりのラー油に河津特産わさびを中華麺に
絡めた「泣きそば」等々、七滝観光センターで味わえます。